教習車の後ろを走ると・・

東京などの日本の大都市に住んでいると話しは違うけれど
ドイツには あまり大都市はないし、
公共の交通機関は時刻表通りには走ってくれないことも多く、
山手線のように頻繁に列車が走っているわけでもなく

「自家用車」はどうしても必要ですね。


毎日 車を運転していると 時々出会うのが・・・

特に渋滞する時間でも場所でもないところで 制限時速50Km/hの道路で 延々と30Km/hで走る羽目になったり
信号は青になったのに 車が発進しなかったり。

こういう時の先頭の車は 大抵 教習所、自動車学校の教習車。。

スポンサーリンク








ドイツで車の運転免許を取るためには 自動車学校に通って所定の授業なりを受けて 試験を受けるわけですが
技能の練習は 最初からいきなり「路上」で行われます。
最初の運転練習では ブレーキやアクセルは指導員がしてくれ、生徒はハンドルだけ操作するそうですが
すぐにブレーキやアクセルも操作させられるようになります。
そう・・・車の運転を始めてまだ2〜3時間、といった人が運転をしている車が 一般のドライバーの車に混じって 公道を走っています。
しかも オートマ限定の免許もあるらしいですが 大抵はミッション車。
坂道で 急に車が下がってきたり、交差点でエンストしたり、
それはそれは・・・指導する方も 気が気ではないのでは?ということが結構頻繁に起こっています。

友人宅に行くのに30分ほど走れば到着するから と約束の30分前に家を出たら
(運悪く)前が教習車。 片側一車線で、対向車も多く 教習車を追い越すこともできず、延々と教習車の後を ゆっくりゆっくり走るはめになり、約束より10分遅れて到着してしまったり,

左折信号のあるところで(日本だと右折の場合ですね)信号が青になり、
「さあ!!これで家まで後一息!」と喜んでいたら、前の車が教習車でエンストを起こしてしまい、
教習車が走り出したら 信号は赤に変わってしまい、また青になるまで「長時間」待たされたり・・・


IMG_0129.jpg

教習車には 一応 「Fahrschule」(自動車学校)というステッカーが貼ってありますが 車の後部に貼ってあるだけのことが多く、車の上には(日本の教習車やタクシーのようなものは)なにも付いていないので 教習車のすぐ後ろならともかく、2、3台後、になると 
「どうして 渋滞しているんだろ??」と思うこともしばしば。
(で、後で 教習車が先頭を走っていた、という事実が判明して 「なるほど」と納得する)

自動車学校によっては 車のボディーにその学校独自のデザインや色を施していることもありますが 中には 普通の、どこにでも走っているような車を使っているところも。
しかも、生徒を集めるために 結構良い車、を使っている学校が多いです。
「うちに来るとスポーツカーに乗れますよ〜〜」とかいった宣伝をするんですね。

今日も買い物に出かけるために車を走らせていて 赤信号で止まったら 目の前の車はおしゃれなミニクーパー。
よく見ると 赤い字の「Fahrschule」のステッカー。
「おお、教習車だ! ミニクーパーだあ〜」なんて眺めているうちに 信号は青へ!!
・・と  前の車のブレーキランプが消えた! と思ったら またついた。  エンスト・・・

「がんばれ〜〜 あせるなあ〜!!」

皆、誰もが最初は初心者!! 
今は車の運転がうまい人でも 最初は初心者だった!

(だけど、技能練習の最初は教習所内で走らせる、って事ができないかしらね?)


この記事へのコメント