ストロベリームーンの日にいちごを摘む

本日、2017年6月9日の月は満月です。
6月の満月です。
6月の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれています。
2016年(去年ですね)の6月の満月は 6月20日でちょうどアメリカやイギリスといった英語圏の「夏至」と重なりメディアで騒がれました。 
そのためにこの「ストロベリームーン」が有名になったそうです。

今年は ストロベリームーンが見られたのは 残念ながら夏至の日ではありませんが・・

ストロベリーといえば
我が家の庭には 地面を覆い尽くすかのように「ワイルドストロベリー」が生えています。

IMG_0018.JPG

雑草のごとく、庭中の隙間を埋めるかのごとく、いちごが生えています。
ワイルドストロベリーは よく庭の地面を覆うために植えられるそうですが まさしくその通り。
地面を緑に見せて生えているその植物は 高さもせいぜい20cm。
春になると 白い小さいかわいらしい花を咲かせます。

そして、今日、激しい雨の後、太陽が姿を現したので庭に出てみると
緑の絨毯のすきまから まさしくルビーのように赤いストロベリーの実がたくさん!

IMG_0021.JPG
オランダいちごに比べると ワイルドストロベリーの実は とても小さい。
折角の庭がくれたプレゼントです。

集めて 朝食やおやつのミューズリーやグラノーラに入れて食べます。
甘酸っぱくて グラノーラにはぴったり。

IMG_0023.JPG

いちごは ドイツ語で die Erdbeere (Erdbeeren)「エアドベーレ」 複数形だと「エアドベーレン」。
他のベリー類は低木なのに比べて いちごは地面(Erde)に這うように生えるからでしょうか?

そういえば 今年はベリー類がたくさんの実をつけそうです。


いちごを積んだその日の夜の月は 本当に「ストロベリームーン」Erdbeermond(Mond=月)
6月の満月は 「Rosenmond」(バラの月)と呼ばれることもあるそうですが バラの花も満開です。
これを書いている今、空には小さいけれど綺麗な満月が明るく輝いているのですが 何しろ6月。
夜の10時を回ってもまだ空が明るいのですから  月を眺めるにはもう少し待たないと・・・

IMG_0016.JPG

この記事へのコメント