ありがとうございます? ございました?

ドイツ人の友人の一人が 先日、3週間ほどの日本滞在からドイツに戻ってきました。

演奏家の彼女は 仕事と休暇を兼ねて日本へ出かけましたが 所属するアンサンブル団体に日本人の演奏家が一人いて、フリータイムには彼の案内で 日本をあちこち旅行したそう。
その日本人演奏家Yさんの実家にも行き、田舎の日本人の普通の暮らしに触れ、
国際的になった日本でも まだ外国人を見る機会の少ない島を訪れたとか。
その島の住人に「ドイツ人が来た!」 と大変珍しがられたそうです。

友人であるドイツ人の彼女、日本は演奏旅行で2度目ですが 1度目はオーケストラ団員としてで 仕事が終わるとすぐにドイツに戻らねばならなかったのが 今回はアンサンブルの5人だけの演奏旅行だったので フリータイムを事前にしっかりと組んでの日本行き。

ドイツに住む日本人の私としては 彼女の日本滞在の土産話を楽しみにしていました。

「楽しかったよ〜〜瀬戸内海の島にも行ったの。 お好み焼き、食べたよ〜〜」
旅行中に覚えたいくつかの日本語も披露してくれた まだ30代の彼女。
「Yさんのお家は古いお家でね 初めてのドイツ人だって私たちを珍しそうに見たのよ〜髪の毛に触っていい?なんて聞かれた!」1回目の日本の時は東京だけで 日本の田舎は今回が初めて。ドイツではあまり報道されない日本の田舎の様子が大変興味深かったよう。
「そうだ、日本では『ありがとうございました!』こういう言い方もするのね。過去になったしてもらったことへのお礼ってYさんが教えてくれたわ。」

IMG_0352.JPG

日本語には「ありがとうございます」と「ありがとうございました」がありますが
そのどちらが正しいのか?という話を時々ネット上で見かけます。

「ありがとう」を言っている時に 感謝の気持ちがあるのだから 現在形の「ありがとうございます」を使う方が良い、という人、
「ありがとう」は 既にしてもらったことに対してのお礼だから 過去形の「ありがとうございました」が良いという人。

私は 「ありがとうございます」を基本に 例えば
「昨日は家まで送ってくださってありがとうございました」など すでに過去になってしまった事に対してのお礼の時に「ありがとうございました」を使っているようです。(というのは 今まであまり考えずに使っていたので・・無意識ですね)

「ありがとう」という言葉が「有難い」という言葉から来ている、と言われています。
すると 「こうしてもらった事は (本来なら)ありえない(というくらい貴重な事だ)」というわけで 「ありがとう=当たり前でない事」という意味でしょうか。
このありがたい事だ! が「ありがとう」だけでは なんとなく丁寧さに欠けるから
「ありがとうございます」の「ございます」
「ありがとうございました」の「ございました」 がついたのでしょうか?

ドイツ語の「Danke」はもともと「denken」という「考える」という単語から来ているようですが
その辺を詳しく調べてみたいところです。

スポンサーリンク








そういえば、ドイツ語を習い始めた時に読んだドイツ関係の本に
「ドイツ人は 昨日などのことに対して、再三感謝することはしない」とあったのを思い出しました。

日本人だと 上の例では 自宅まで送ってもらった時、家に到着して送ってくれた人と別れる時にすでに感謝を述べているのですが その後、その人に会うと「先日は 送ってくださってありがとうございました。」などとお礼をもう一度述べることがありますね。
そう言ったことはドイツ人はあまりしない?? 
それも ケース・バイ・ケースで
例えば・・ワインをプレゼントしたとします。
プレゼントを渡した時に「ありがとう!(Danke!)」と言われていますが そのワインが美味しかった、それを伝えたい時 「昨日のあのワインは美味しかったわ! ありがとう!」と 言うこともありますよね。


いずれにしても 「ありがとうございます」でも「ありがとうございました」でも
Danke!
Danke schön!
Vielen Dank!
Danke sehr!
Herzlichen Dank!

動詞danken/(sich)bedanken という単語もあります。
Ich danke dir.
Ich bedanke mich (bei dir). (bedankenは再帰動詞)

Ich bedankte mich./ Ich habe mich bedankt.  と過去形にすると「私はお礼を言いました」。
お礼を言った事そのものが過去の場合ですね。

話をもどして 「ありがとうございます?ありがとうございました?」どの時点で感謝をあらわしてもドイツ語だとDanke!です。 (英語もそうですが)
ああ・・便利!

この記事へのコメント

  • ろい

    はじめまして。
    Danke,にも色々な形がありますね。
    ドイツ語の勉強をしており、日々のブログを楽しく読ませて頂いてます。
    2017年06月08日 18:14
  • しろうさぎde

    ろいさん

    はじめまして! ご訪問、コメントをありがとうございます!
    そうなんですよ〜Dankeだけでも良いですが このDankeにいろいろつけることができるのですね。意味は全て同じですが。
    やはり国の東西を問わず、「Danke」をもっと丁寧に言いたい、と言ったところから色々な言い方ができたのでしょうか? 動詞にもなってますし。
    2017年06月08日 20:52
  • bienes

    そうなんですね
    過去の事でも 日本人はお礼を何回も言いますね
    何気なく使っていますが・・・
    ドイツ語の方が簡単なこともあってほっ!
    日本語は難しいと言っていた友人が敬語にギブアップでした

    (*ろいさんへ  
    ね、白うさぎさんのドイツ語講座はとてもわかり易いでしょ
    私 楽しみにしています)

    いつもありがとう 白うさぎさん これからもどうぞよろしく!
    2017年06月08日 22:36
  • しろうさぎde

    bienesさん

    人付き合いに関しては ドイツ人の方がさっぱりとしていて ある意味、簡単ですね。まあ、それが物足りない、とか親切でない、と感じることもありますが。
    こちらこそ 訪問してくださって、コメント下さってありがとうございます! とても励みになります。これからも宜しくお願いします!
    2017年06月09日 07:11