ルバーブの季節になりました〜Rhabarber

春になりました!! 5月らしくなりました!!

やっと良い天気に恵まれて嬉しくなって 買い物にでかけたら
見つけた!! ルバーブ!!(Rhabarber)

IMG_0101.JPG

春になると 楽しみにしている食べ物があります! 
それは・・・
アスパラガス(Spargel)
いちご(Erdbeeren)
そして ルバーブ(Rhabarber) 

買い物に行くたびに 
「まだかな?ルバーブはまだかな?」と見回していましたが

ついに!!美味しそうな赤いルバーブを見つけました!!

ルバーブを初めて見た時、赤いフキ、そう、蕗! かと思ってしまいましたが
外見こそ似ているものの、お仲間でもないのですね。
蕗はキク科の植物だけれど
ルバーブはタデ科の植物。


このルバーブ、
野菜の仲間であって、果物ではないそうですが
とても酸味が強く、煮るとすぐに崩れるので 果物のようにコンポートやケーキにします。

今日はコンポート(砂糖煮)に!!

IMG_0102.JPG

葉も多少はついた状態で売られていますが
この葉は毒性のものが含まれているとか。
もちろん、取り除きます!!

綺麗に洗って 2〜3センチに切ります。
IMG_0103.JPG
皮は剥いだ方が良い、という人、剥がない方が コンポートの色が綺麗に赤くなって良い、という人、それぞれです。
皮は多少は溶けにくいので 気になる人は剥いだ方が良いかな?(といっても すぐに溶けますが)
皮は赤いものが多いですが 中は緑色をしています。 コンポートやジャムにする時、出来上がりの色を考えたら、皮はつけたまま煮ると 赤く、美味しそうに出来上がります。

ちなみに ルバーブにはシュウ酸が 人体には影響がないほどの量ですが含まれています。


このルバーブに砂糖を ルバーブ1kgにつき 砂糖200gくらいの割合でふりかけて 
しばらく放置しておきます。1時間くらい放置しておくと 水分を含んだルバーブから水が出てきます。

(それでも出てくる水分が少なければ 多少は水を加えて)
このルバーブと砂糖を 鍋に入れて 煮ます。 ぐつぐつ〜〜

IMG_0104.JPG

簡単に煮崩れます。
ルバーブが柔らかくなったら出来上がり!!

何しろ酸味の強い「野菜」なので 
砂糖で煮ても かなり酸っぱい!
甘いものと一緒に食べると美味しいです。

今回は プリン(日本のカスタードクリームみたいなもの)を作って
プリンとルバーブのコンポートで食後のデザートです!

IMG_0114.JPG
ルバーブはすっかり煮崩れてしまいました。


ルバーブと乳製品の相性はとても良く、
さらにルバーブに含まれるシュウ酸を緩和する働きがあるそうで
砂糖煮にして バニラクリームやヨーグルトと一緒に食べるのが おすすめです。

では いただきます!!

この記事へのコメント

スポンサーリンク